カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

残布(反物の端切れ)について

必要となる材料の面積は、それぞれの商品に記載してありますので、ご希望の商品の説明でご確認下さい。

布の表が分かるように、印を付けて下さい。

また、とってほしい柄等の指定がありましたら、ご希望に添えるよう、制作しますので、ショッピングカートの備考欄などでお知らせください。

各種布地(スカーフ・ハンカチ・風呂敷など)

思いでの生地をバッグに仕立てます。

生地の柄をバッグのモチーフにしてお作りします。柄の取り方にご希望があれば、コピーするなどして指示して頂けると助かります。

元の布 出来上がりバッグ

矢印

矢印

矢印

スカーフの例

元の布 コピーした指示書


刺繍からオリジナルバッグをつくります

あなたの刺しゅうをオリジナルバッグに仕立てます。
常に持つカジュアルなバッグにでも、フォーマルなバッグにでも響創なら、作者様のご要望に応じてお誂えます。

元の刺しゅう 出来上がりバッグ

矢印

矢印

リメイクバッグの例

着物からのリメイク例

古い着物です

古い着物のリメイクです。

ご本人さんが着られなくなったということで、ご依頼されました。


響創のリメイク後・・・

バッグ2点と日傘を作成しました。

おそろいでバッグ2点と日傘を作りました。

依頼された方は着物を良く着られる方で、夏用のバッグが持っていないという事だったので、どんな着物にも合わせやすく使いやすい形の口金付きバッグと縦長トートバッグをご提案いたしました。

1着の着物から3点もでき、大変素敵にできたのでとても喜んでいただけました。


羽織からのリメイクです

羽織のリメイクです古い羽織のリメイクです。

お母様が使用していた羽織がありましたが、柄がとても派手な為処分しようと思っていた時にリメイクバッグを知ったそうです。

羽織自体は汚れもほとんどなく綺麗だったため新品同様のバッグが出来上がりました。


羽織からできたカバン

バッグにすると派手な柄もとても可愛らしく素敵なバッグに仕上がりました。


羽織

お母様が昔着ていた羽織をバッグと日傘にリメイク致しました。

この羽織は少し丈が長めだったこともあり、日傘も作ることが出来ました。タンスに眠っていた羽織が新たな形となり生まれ変わり、とても感動して頂きました。

おそろいのバッグと日傘を持って出かけることを楽しみにしていると言っておりました。


羽織からできたカバン

男物の長襦袢からのリメイク例

お父様が昔着ていた長襦袢をバッグにリメイクし、母と姉妹3人で形見分けとして使いたいと依頼を受けNo.631Bトートバッグを作成いたしました。


汚れや折り目ができてしまっています

写真にもあるように長襦袢をほどいてみると、汚れや折れ目の焼けなどありましたが、アイロンをかけ生地を伸ばし良いところで3本作成いたしました。


長襦袢からできたカバン

この長襦袢の生地は柄粋が良く、出来上がると、使い古した生地とは思えないほど素敵なバッグが出来上がりました。

お客様にもとても喜んで頂けました。


帯のリメイク例



お母様が昔使用していた帯がタンスにしまってあり、もう使わないからバッグにリメイクしたいと依頼を受けNo.421Aの利休バッグ中型を作成いたしました。

胴には帯の柄を出し、手やマチには帯裏の生地を使用し、柄と無地のコントラストを生かした素敵なバッグが出来上がりました。お客様も大変気に入って頂きました。

(※利休バッグは帯地で作る事は出来ますが、帯地の裏側に糸が多く出ているものは作成できない場合がございます。特に手やマチなどは生地ウラに糸が出ている生地は使用できません)



お母様が昔使用していた帯が古く柄が派手な為、バッグにリメイクしたいと依頼を受けNo.419Aの利休バッグ小型を作成いたしました。

古くて汚れがある帯でもバッグを作るときには綺麗で柄が良いところを選んで作りますので新品のようなバッグが出来上がります。

帯では派手だった柄でもバッグにするととても可愛らしく素敵なバッグが出来上がりました。お客様にもとても喜んで頂けました。

ページトップへ